たまごひめ物語




◎書籍販売中

HPでご紹介させて頂いている内容から、更に踏み込んだ内容を収録した冊子をご紹介しております。
通販の対応もしておりますので、お求めの方は下記メールフォームから、必要事項を記載の上、送信して下さい。

(全巻、鈴木德彦著)



人は誰でも 先祖の魂と受け継ぐ 最幸な魂があり 最光な神である



定価 カラー版3,000円

神は、神自身が何者かを知りたいために美しき地球に分身を送り込んだ。
神は、みずからの証を確認し、みずからが神であることを確信し、神様自身が何者であるかを、確心から確神するために、地球を創造し、分身を送り込み、自力で悟りを開くために、何も忠告せず、何も意見せず、何も手出しをしないと約束し、悟るに必要なすべてのものを創られた。
 その分身もみずからが何者なのか分からないので、二つに分けた。それが男と女が結魂した。
母の命は長男に化し、父の命は長女に化し、魂は二つが四つ、四つから八つに増え続けたが、二つから始まった意味が分かります。

通販メールフォーム
(↑こちらからご注文ください)

※冊子代金+送料
※お支払いは冊子到着後、後払いです。郵便振替払込用紙を同封させて頂きます。



はじめに戻る